HOME 医院紹介 CTインプラント 審美歯科 活動報告 アクセス コンタクト リンク
審美歯科 矯正歯科 歯周病 歯内療法 補綴処置 顎関節症 高度インプラント治療 コンタクト
歯周病の原因
歯周病とは、「歯を支える組織(歯周組織)」に起こる病気です。
歯の周りに付くプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊が原因で起こり、
次第に歯肉とその下の歯槽骨が破壊されていく病気です。
自分では気づかないような軽い歯周病を含めると、
40歳以上の成人のうち約80%以上が歯周病になっているといわれています。
歯周病は歯を失うもっとも大きな原因です。
歯周病は様々な原因が重なり合って起こりますが、
おもな原因は歯についた汚れ「プラーク」です。
「プラーク」はただの食べかすではなく、細菌の塊です。
この細菌の出す毒素が歯周病の発生と進行に大きくかかわっています。

赤くはれています
歯にびっしりとプラークがついています。
歯茎も赤くはれているのがわかります。
これを顕微鏡で覗いてみましょう。
プラーク1
プラーク2
プラークは細菌の塊!!
細菌を口の中で飼っているのと同じです。
これら細菌が毒素を出し歯周組織を破壊していきます。