HOME 医院紹介 CTインプラント 一般歯科 活動報告 アクセス コンタクト リンク
病院内紹介 診療科目 保険と保険外の違い ドクター紹介 スタッフ紹介 理事長挨拶


診療事例
矯正治療の進行 〜治療期間・約2年間〜



矯正治療前(不正咬合)
矯正治療前(不正咬合)1 矯正治療前(不正咬合)2 矯正治療前(不正咬合)3
 〜歯並びが悪いとこんな事が起きています〜
1.歯並びが悪いため汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病になりやすくなります。
2.噛み合わせから全身の姿勢のバランスを崩し、腰痛・頭痛・肩こりの原因となることがあります。
3.発音に影響を及ぼすことがあり、食事の効率が悪くなります。
4.顎骨などの発育に影響を与えることがあります。(成長期)


矯正治療中
矯正治療中1 矯正治療中2 矯正治療中3
 〜治療中の注意点〜
1.取外しの出来る装置は、装着して効果が期待できますので、装着を怠らない様にしてください。
2.装置はデリケートに出来ています。ガムなど粘着性のある食べ物はお避けください。
3.装置を装着した時や、調整をした時に違和感や痛みなどを感じる場合があります。
4.装置の周りに食べ物が溜まりやすくなります。歯磨きを充分に行ってください。


矯正治療後(正常咬合)
矯正治療後(正常咬合)1 矯正治療後(正常咬合)2 矯正治療後(正常咬合)3
 〜治療後はどんな事が待っている?〜
1.歯並びに対してのコンプレックスが無くなり、人前で笑顔が戻りました。
2.咬合が正常に戻り、好きな食べ物を我慢せずに(細かい物でも)食べることが出来るようになます。
3.歯磨きが短時間で済み、お掃除を隅々まで行えるようになり、歯肉の炎症がなくなりました。
4.歯肉が健康的になり、口臭などの悩みが解決されます。