HOME 医院紹介 CTインプラント 審美歯科 活動報告 アクセス コンタクト リンク
審美歯科 矯正歯科 歯周病 歯内療法 補綴処置 顎関節症 高度インプラント治療 コンタクト
顎関節症とは?
1.痛み
顎関節症 痛み

耳の前を指で触って、口を開け閉めしてみてください。
関節が動いているのがわかると思います。
その部分が顎関節です。
下顎の付け根に顎関節があります。
痛みを感じているのがここだと、
はっきり指で指せるようなら
顎関節症の可能性が高いといえます。

痛みは顎関節以外にも

      痛みは顎関節以外にも感じることがあります。
      こめかみや頬、あごの骨の後ろが痛むこと。
      またぼんやりとその辺りが痛いことがあります。
      このような場合は、物を噛むための筋肉(咀嚼筋)
      の痛みであることが多いのです。
      顎関節には異常がなく筋肉の痛みだけでも
      顎関節症という病名になります。


2.口が大きく開かない

顎関節症では口が開きにくい・大きく開けられない
急に口が開かなくなったと感じることがあります。
この時、痛みがある場合と無い場合があります。
大きく口を開いた時、揃えた指がたてに楽に3本入
れば十分に口は開いています。(上の前歯と下の
前歯との先端の間が約40mm以上あります)
それ以下で、患者さん自身が不自由や痛みを感じ
ていれば顎関節症の代表的な症状の1つです。
この症状を開口障害といいます。顎関節に原因が
ある場合と、筋肉に原因がある場合があります。
口をあける時にまっすぐ開けられずに
右や左に曲がってしまうのも開口障害の一種です。
頑張れば開くけれど、引っかかる感じがするという
症状もあります。

開口障害


3.顎関節あたりで音がする
関節円板がずれている

食事をしている時・話をしている時・あくびや大き
く口を開いた時に顎関節あたりで音がすることが
あります。これも顎関節症の症状の1つです。
『口をあけると「コキン」という音が一回する場合』
これは顎関節の中にある関節円板がずれている
ために起こります。
『顎を動かすと「ゴリゴリ」「コキコキ」「ミシミシ」
という音が何度もする場合』このような時には
顎関節の中で骨の形が変わっていることがあり
ます。「コキンと1回音がする」場合よりも、長い
時間かかって関節に変化が起こっている可能性
があります。
このように、関節の音は顎関節の中の変化を反
映している可能性が高いわけです。音が気にな
る場合は、その原因をハッキリさせるため医師
に相談しましょう。