HOME 医院紹介 CTインプラント 審美歯科 活動報告 アクセス コンタクト リンク
審美歯科 矯正歯科 歯周病 歯内療法 補綴処置 顎関節症 高度インプラント治療 コンタクト
診断
1.問診・視診
「いつ頃から音がしていましたか?」「いつ頃から痛みがありますか?」など症状を聞きます。
歯科医師が経過を推定するために重要なことです。
また顎関節やその周りに腫れはないか?なども見ます。

2.触診
痛む場所や音がするという場所に触って確認します。
顎関節に指をあてて、患者さんが口を開いたり閉じたりした時の動きを確認します。
また音がする場合はどんな音がするのか?どんな時に鳴るのか?など見ていきます。

3.画像診査
外からは見えない顎関節を、X線画像で確認し診断します。
虫歯の細菌が原因で口が開かない場合もあるため
顎関節に問題があるのかそれとも違う原因なのか診断をします。

4.歯やかみ合わせの診査
「かみ合わせ」とは歯や歯並びだけではなく
歯と顎関節それを動かす筋肉も関係しています。
歯が抜けているところはないか?
被せものなどの人工的物の有無をチェックします。
さらに咬合紙という赤と青の色紙を噛んでもらい
上下の歯の当たり具合を検査します。
歯やかみ合わせの診査