HOME 医院紹介 CTインプラント 審美歯科 活動報告 アクセス コンタクト リンク
審美歯科 矯正歯科 歯周病 歯内療法 補綴処置 顎関節症 高度インプラント治療 コンタクト
歯内療法とは?
自分の歯を残す最後の手段です
自分の歯を残す最後の手段です

細菌に侵されてしまった歯の内部をきれいに掃除して
抜かずに使い続けるための最後の手段が歯根の治療です。
細菌に侵されている神経(歯髄)や象牙質を除去・殺菌し、
詰め物をして密封する治療で「抜髄治療・根管治療」とよばれます。
本来なら抜くしか方法がない歯を残すことができます。

根管治療は繊細で高度な治療です

小さな歯の極細の神経の中で暴れている細菌を、
歯を傷めないように細心の注意を払い、しっかりと除去する
必要があるため、細かな治療になります。
神経といっても形や太さは人それぞれ、
曲がったりねじれたり枝分かれしている場合もあります。
肉眼では見えない場所を治療する極めて繊細で高度な治療です。
うまくいくと歯を抜かずに救うことができます。
根管治療は繊細で高度な治療です

大変細かい治療です
大変細かい治療です

細い根管を治療するにはファイルという極細の器具を使います。
ファイルにはヤスリのような刃がついていて、これで掃除していきます。
コンマ2ミリ、3ミリの治療でファイルのサイズには0.06ミリのものもあります。
必要以上に根管を削らないことはその後の歯の強度や健康にとって
とても大切です。