HOME 医院紹介 CTインプラント 審美歯科 活動報告 アクセス コンタクト リンク
審美歯科 矯正歯科 歯周病 歯内療法 補綴処置 顎関節症 高度インプラント治療 コンタクト
治療後の痛み
治療後の痛みは一過性のもので心配ありません
治療後の痛みは一過性のもので心配ありません
歯の中に溜まっていたミクロの細菌は、ファイルの動きによって
当然ながらいくらかは歯根の先に染み出していきます。
細い隙間にファイルを通すため歯の外に押し出されてしまうのです。
そのため治療後、歯根の周囲の組織が炎症をおこして痛むことがあります。
しかし通常の場合は心配ありません。この痛みは一時的なものです。
歯の中がきれいいに掃除されていけば、細菌は患者様の免疫反応によって
やっつけられ、この痛みは2〜3日でおさまっていきます。
こうした一過性の痛みは、どんな名人が治療しても起こるものだといわれます。
また薬剤の刺激によっても痛みは起こることがあります。
すり傷を消毒するとヒリヒリ痛むのと同じ現象です。
こうした刺激によっておこる痛みは、細菌や薬剤に対する
生体の免疫反応によって起こります。
通常は2〜3日でおさまりますが、体調などによって1週間くらい続くこともあります。
その間は抗生物質や痛み止めをのんで過ごしていただきます。
痛みが出ているからと言って再治療をすると、
歯根内が刺激されてさらに痛みが増すので逆効果です。
体を休めてゆっくりと休んでいただくのが最も得策です。