HOME 医院紹介 CTインプラント 審美歯科 活動報告 アクセス コンタクト リンク
審美歯科 矯正歯科 歯周病 歯内療法 補綴処置 顎関節症 高度インプラント治療 コンタクト
歯周病の原因進行度予防
予防はプラークコントロールが決め手
歯周病は自覚症状のないまま進行し、
気づいたときには手遅れになっていることも少なくありません。
そのため日頃のケアと早めの治療で、
歯周病から大切な歯を守ることが可能です。

歯周病の予防はプラークをつきにくくすること、
付いたプラークをきちんと落とすことが必要です。
最も重要なのが毎日の歯磨きです。
しかし、きちんと磨いているつもりでも、
実は全然きれいに汚れを落とせていなかった・・・
なんてことも多いのです。
そのため、正しい歯磨き方法を身につけることが大切です。

歯ブラシだけでは細かいところの汚れは落とせないため、
デンタルフロスや歯管ブラシも併用してケアするといいでしょう。
また、一度歯石になってしまうと歯ブラシでは落とせないので、
歯科医院で専門の器具でおとしてもらいましょう。
歯科医院ではプラッシング指導や歯周病・虫歯になりにくい歯を作るための、
生活習慣まで指導を行っています。
年に2回は歯科検診を受けることをお勧めします。